【12月13日】

この日は『はがの真岡準倫理法人会』の方々にお誘いをいただき、朝6時から井頭温泉チャットパレスで行われたモーニングセミナーに参加。船田元・衆議院議員の講演を拝聴させていただく。

その後、午前中は『真岡市遺族会連合会』の役員会に出席。

遺族会というのは、太平洋戦争における戦没者遺族によって構成されている組織である。そのため他団体とは異なり、会員資格者が増えるということが基本的にない。

会員が年々減少し、高齢化も進む中で、戦没者慰霊祭をはじめとする事業運営のあり方、会費等の財源確保、さらに次の世代にいかに引き継いでいくかが大きな課題となっている。

そして、子ども達の放課後の時間帯に、防犯活動の一環として行っている『青色回転灯搭載車』による地域巡回にも参加。

ボランティアとして『青色回転灯搭載車』のハンドルを握っていて感じたのは、市街地を走る車の運転が『少し荒くなっているかな…』ということ。

現在、栃木県内では『年末の交通安全県民総ぐるみ運動』が展開されている(期間:12月11日~31日)。

師走で何かと忙しいこの季節。だからこそ、今一度『交通安全』についてお互い考える(私自身もそうですが)ことができればと思う。