【6月2日】

この日は、西真岡第二保育園を訪問した。
同園では、平成19年度から病後児保育を実施している。この病後児保育とは、未就学児が病気回復期にあるものの、保育園や幼稚園に通園できない場合に、子どもを預かる制度である。
6月定例議会で『病児・病後児保育の充実化』をテーマに一般質問を行うため、その前段として現状を調査させていただいた。
西真岡第二保育園の病後児保育は、同園に通園する子どもだけが対象という訳ではなく、市内に住む未就学児全員が利用できるようになっている。お邪魔したこの日は、1名の子どもがサービスを利用していた。
仲島大理事長に、病後児保育を運営する上での課題などについてお話を伺うこともできた。
今回、視察をして見えてきたものについて、一般質問の中で活かしていければ…と考えている。

中村かずひこ通信60号