【6月8日】

『関東若手市議会議員の会』で現在会長を務めている子籠敏人議員が、東京・あきる野市の市議選に立候補しており、この日は応援にお邪魔をした。

子籠議員と私は、同じ昭和48年生まれということあり、非常に仲良くお付き合いをさせていただいている。
いつも周囲に明るい笑顔を振りまいている彼だが、あきる野市議会の議会改革では常に先頭に立ってリードするなど、人一倍熱血漢でもある。

若手市議会議員の会の活動でも、東京都内の議員を中心に『児童虐待対策』を考えるプロジェクトチームを結成してまとめあげるなど、その行動力とアイデアは私も良きお手本としている。
この日の街頭活動では、私のほか若手市議会議員の会で一緒に活動をしている、奈良県橿原市の大保由香子市議も応援に駆けつけていた。
本人曰く『今回は相当厳しい選挙戦』ということだが、大変優秀な議員でもあるし、3か月前に生まれたお嬢さんのためにも、何としても勝って欲しいところ。

※11日の投開票の結果、子籠さんは3期目の当選を果たすことができました。