【6月12日】

質疑・一般質問の初日。私はこの日の最終質問者として登壇し、1件の質疑と4件の一般質問を行った。

【質疑】

1.議案第67号 平成29年度真岡市一般会計補正予算(第1号)について

(1)BCP(事業継続計画)策定推進支援事業費について

【一般質問】

1.今後の市政運営について

(1)財政運営に対する考え方について

(2)市長が行う情報発信について

(3)シティプロモーションについて

2.雇用の創出について

(1)新産業団地の整備について

(2)起業家支援について

(3)『雇用のミスマッチ』について

3.子育て環境の整備について

(1)病児・病後児保育について

4.教育関係の諸課題について

(1)子ども達の学力向上について

(2)学校図書館における専任司書の配置について

施行部は答弁の中で、『これまで3ヶ月に1度だった市長の定例記者会見を、今後は毎月1回行うこととし、市長自ら情報発信に努めること』、『真岡市内での病児保育実施に向けて、行政内部で調査・研究を進めていること』などを明らかにした。
また、市長が掲げた公約には大型の公共事業も目立つが、その進め方として、地方交付税の措置制度がある有利な起債や、PFIなどの民間資本も活用することで、財政負担の軽減を図っていくという考えも示された。
今回が石坂真一市長との初論戦となった。質問を行うまでは『どういう流れで議論が進むのだろうか』と、こちらも少し緊張していた。しかし、市長の答弁を聴いていると簡潔明瞭な言葉で、誤解を恐れずに言えば『議論しやすかった』という感想を抱いた。
ただし、1つ1つの公約実現に向けて、とても迅速に進めていることを今回の答弁で改めて痛感した。
新市長のスピード感についていくのは容易なことではなく、我々議員もよほど研鑽をしていかねば『置いていかれる』という危機感に似た気持ちを持ったのも事実。

中村かずひこ通信60号