【9月22日②】

この日の夜、市民会館大ホールで『BCP講演会』が行われた。
真岡市は、今年6月に全国で初めて『BCP(事業継続計画)策定推進都市宣言』を行った。今回の講演会は、市民への啓発を図るために開催されたもの。会場には、市職員や市内事業所の関係者が約500人集まった。
今回講師を務めたのは、リスクリスクマネジメントの専門家である浅野睦氏(株式会社フォーサイツコンサルティング代表取締役)。
浅野氏は、熊本地震の際、企業の多くで責任者がことあるごとに指示を出さなければ何も動かなかった状況に陥っていたことに触れながら、『BCPがあれば、組織内における役割が明確になり、責任者は“想定外”のことだけ対応すればいい』とBCP策定の必要性について述べた。
また策定にあたっては『特定の大災害が発生することを前提(発生するかも…ではなく)として考えること』、『与えられたマニュアルはほとんど役に立たず、従業員間でよく検討し合うこと』と、策定する上でのポイントについて参加者に説いていた。
講演会の後、市内の会社経営者と話をしたが、最近は取引先などからBCPの策定を求められる機会が多くなっているとのこと。
真岡市では『BCP策定推進都市宣言』に基づき、10月には策定ワークショップが実施されるほか、BCPを策定する際には大手保険会社から個別指導も受けることができる。

12月議会