【12月12日】

質疑・一般質問の2日目。私はこの日の4人目として登壇し、

1.組織機構の見直しについて
(1)安全安心課の名称変更について

2.芳賀赤十字病院の将来的な跡地利用について
(1)現時点での方針と今後の取り組みについて
(2)地域住民への意見聴取について

3.超高齢社会における対応について
(1)『まちなか保健室』の整備について
(2)同居・近居に対する支援策について

4.障がい者に対する支援策について
(1)グループホーム等生活拠点の確保について
(2)就労支援策について

5.教育関係の諸課題について
(1)不登校対策について
(2)特別支援教育について
(3)中学校への専任司書の配置について

という5件の課題について一般質問を行った。

執行部は答弁の中で、
・芳賀赤十字病院の将来的な跡地利用について、日本赤十字社など関係機関と協議を進めること
・障がい者を対象としたグループホームの整備に向けて、近隣自治体に拠点を置く法人などにも協力を呼びかけていくこと
・来年度から市内の中学校に配置予定となっている専任司書は、2名程度であること
などを明らかにした。
これまで、長い期間をかけて必要性を訴え続けてきた諸施策が、実現に向かって動き始めていることは嬉しい限り。

その一方で、不登校対策や特別支援教育など教育関係の諸課題については、消極的な答弁が目立ったように思う。
例えば、中学生の不登校率だけを見ても、真岡市はこの数年間高い値を示している(平成27年度…5.17%、28年度…4.10%)。当該の児童・生徒を対象とした相談支援体制の充実化など、やらねばならないことは山積しているのだが…。