【12月22日】

この日は真岡落語研究会の活動で、茨城県筑西市の大田公民館で行われた『健康大学』で、約80名の方々を前に落語を披露させていただいた。
落語研究会の活動も、これが今年の締めくくり。
記録をとっているメンバーによれば、今年私は市の内外を問わず、23ヶ所の会場で高座に上がったのだという。そうやって聞くと、本当に色々な場所で落語をやらせていただいたのだと思う。
来年は、私にとっては落語をはじめて30年目の節目の年。また、たくさんの方々と出会い、たくさんの笑いが生まれればいいな…と思う。
(余談)
この日は、後輩の柳貴川喜助くんと共演。
彼は『紙切り芸』の名人で、各地のイベントに出向くなど活躍をしている。
ちなみに、茨城県桜川市の真壁地区の商店街が作成したパンフレットは、全ての商店主の似顔絵を、彼が紙切りで表現したものを掲載している。
そんなことを思い出して『なぁ、俺の似顔絵って切れる?』と、何の気なしに頼んでみたら、数分後にできたのがこれ。
似ているかどうかはともかく、こういうものをササッと作れる才能が恐ろしい。。。