【2月25日】

東京都あきる野市議会の子籠敏人議長が、奥様とお嬢様を連れて真岡市へ。妻とともに『真岡・浪漫ひな飾り』の会場や、久保記念観光文化交流館などをご案内した。

子籠議長とは『関東若手市議会議員の会』で一緒に活動をし、ともに昭和48年生まれということもあって、メンバーの中でも特に仲良くお付き合いをしている。

今回、子籠一家が真岡市を訪れたきっかけは、東京新聞で『真岡・浪漫ひな飾り』の様子が紹介されたことだったようである。
昨年夏に行われたあきる野市の市議選では、私達夫婦で応援にお邪魔をしたが、その時には生後間もなくで、事務所の中でスヤスヤと眠っていたお嬢さんが、随分大きくなっていたのにはビックリした。

『娘の初節句だから…』と、ご家族そろって真岡市へ来ていただいたことに、私達も大感激している。