【3月9日】

この日、市内の中学校では卒業式が行われ、私は母校でもある真岡中学校の卒業式に出席。

今年度、同校の卒業生は213名。
昭和22年に開校し、今回が71回目の卒業式になるらしい。
出席者の間で、ちょっとした話題になっていたのは、今回はちょうど2万人目の卒業生がいたということ。
2万人を超える卒業生。その中に、当然ながら自分も、そして数多くの友人や知人も含まれている…。そうやって見ていくと、学校としての歴史・伝統というものを改めて強く感じる。
さて、今回の卒業式では、3年のクラス担任の1人に、私の高校時代の友人がいた。
当時から周囲の雰囲気を明るくさせる男だったが、この日は、目頭を何度も抑えながら教え子たちを見送っていた彼の大きな体が、何とも強く印象に残った。