【3月11日】

この日は、県内他市町で選挙を控えている議員仲間のもとへ激励にお邪魔をした後、夜からは台町のお祭り組織『臺若』の役員会に出席した。
本当に、ごく当たり前のように過ぎていく1日。
7年前のこの日、東日本大震災が発生した。
様々なTV番組で、復興への取り組みが進みつつも、未だ地域再生への道のりが険しい、東北地方の自治体の状況が伝えられていた。愛するごお家族を亡くされ、今なお悲しみの中にいる方々の様子も紹介されていた。
7年前、まぎれもなく真岡市も被災地の1つだった。そして、復興を実感するまでに想像以上に時間とエネルギーを要した。
当たり前の毎日を送り続けていると、7年前の出来事さえ風化しつつあるように感じる。
今も復興に向けて格闘している人達がいる。そうした中で、私達は“当たり前”であるこの幸せを味わっている。
そのことは、しっかりと胸に刻んでおかねばならない。