12月議会 中村の一般質問

一般質問

1.組織機構の見直しについて

(1)安全安心課の名称変更について
 ①新年度からの名称を『市民生活課』とした理由は。
 ②組織の改編、役割の見直し等は検討しなかったのか。

2.芳賀赤十字病院の将来的な跡地利用について

(1)現時点での方針と今後の取り組みについて
 ①市としては跡地利用をどのように考えているのか。
 ②将来的な跡地利用について、日赤側とどこまで情報共有化を進めているのか。
 ③南館への民間病院誘致や、高齢者を対象にした住宅等の整備を促進させ『真岡市版CCRC』を目指してはどうか。
(2)地域住民への意見聴取について
 ①地元住民を巻き込んでの協議機関の設置や意見交換の開催を検討すべきではないか。

3.超高齢社会における対応について

(1)『まちなか保健室』の整備について 
 ①各中学校区において『まちなか保健室』の整備を進めてはどうか。
(2)同居・近居に対する支援策について
 ①二世代及び三世代の同居・近居を促す支援策を展開してはどうか。

4.障がい者に対する支援策について

(1)グループホーム等生活拠点の確保について
 ①現在、真岡市では障がい者を対象としたグループホーム等の生活拠点が不足しているが、今後どのように整備を進めていくのか。
 ②施設整備の促進に向けて、基金を創設することも1つの方法と考えるが。
(2)就労支援策について
 ①市内の就労支援施設などで製作された商品のブランド化を進めてはどうか。

5.教育関係の諸課題について

(1)不登校対策について
 ①真岡市の不登校の現状について、どのように分析をしているのか。
 ②スクールソーシャルワーカーの配置や臨床心理士の増員についてはどのように考えているのか。
 ③スキル教育の充実化に向けた考え方を伺う。
(2)特別支援教育について
 ①真岡市では、発達障害の児童・生徒をどのように把握しているのか。
 ②特別支援教育の充実を図るために、市内小中学校の通級指導教室を増設させる考えはあるか。
(3)中学校への専任司書の配置について
 ①平成30年度から、市内の中学校に専任司書を配置する計画となっているが、人材の配置計画並びに今後のタイムスケジュールは。

12月議会