【11月5日】

この日、地元の大谷地区で文化祭が行われた。
この催しは、地域住民が取り組んでいる様々な文化活動を紹介する目的で開催されている。11回目となる今回は、写真、絵画、切り絵、書道など59人による133点の力作が展示された(私の母も切り絵を出展しておりました)。

毎回、ご近所の方々の隠れた才能に驚かされる。
『へぇ~、○○さんちのご主人にはこういう趣味があったのね!』
地域の方々が、お互いを認め合い、たたえ合う。一見地道な取り組みかも知れながら、そういうことの積み重ねが、地域全体の活性化につながっていくのだと思う。

【11月2日】

この日は、子宝祈願のため妻と2人で日光市内の神社へ。
『あそこへお参りに行くといいよ』と、以前から複数の友人に勧められていた場所で、日光市内に住んでいる方によれば、パワースポットとしても有名なのだという。
二荒山神社に近い場所、とは言え山道を2人でヒーヒー言いながら登っていくと、私のような鈍感な人間でも『神々しい』と感じる場所にたどり着く。

やはり、パワースポットとして相当広く知られているのだろう。夕方の時間帯だというのに、外国人の観光客(日本人はほとんどいませんでした)が多く訪れていた。
とにかく『元気な(できれば妻に似た)赤ちゃんが授かりますように…』。

【11月1日】

朗読ボランティア『ひばりの会』の活動で、視覚障がい者をサポートするための音訳作業に参加。今回行われたのは真岡市の広報紙である『広報もおか』の11月号。
このような『ひばりの会』の音訳作業は、広報もおかのほか、真岡新聞、市議会だよりなど年間約60回に及ぶ。
書かれてある文章を正確に読むことも大切なのだが、それ以上に頭を悩ませるのは、グラフや地図、絵などを自分の言葉でどのように分かりやすく伝えるかということ。
私が音訳を担当したのは『広報もおか』の前半部分。最大の“難敵”は表紙に何が掲載されているかの説明だった。

11月号の表紙は、先ごろ真岡市の応援キャラクターに任命された春崎野乃花さんが、ほかの仲間達と一緒に、いちご狩りを楽しんでいる様子がマンガの絵として描かれています。
春崎野乃花さんは、とちぎてれびのアニメ『まろに☆え~る』の中で、リーダーを務めているキャラクターです。

あれこれ文章を作って、結局こういう説明になったのだが…。

12月議会