【1月30日~31日】

『関東若手市議会議員の会』の役員会と公式研修が、千葉県柏市と流山市を会場に開催された。
スケジュールは以下の通り。

30日
10:30~ 関東役員会
13:15~15:00 研修①『プログラミング教育体験講座』
15:15~17:00 研修②『柏市のオンデマンド交通について』
31日
10:00~11:00 研修③『流山市 キッコーマンアリーナ視察』

関東地方1都7県の若手議員によって構成される『関東若手市議会議員の会』の公式研修が開催されるのは、昨年10月に栃木県内で行われて以来(各市の定例議会の合間をぬって開催されます)。
今回の研修では、柏市の旧沼南町のエリアで取り組まれているオンデマンド交通についての説明や、一昨年4月に新たにオープンした流山市の総合体育館(キッコーマンアリーナ)の視察などがあったが、特に印象に残ったのは、柏市が取り組んでいる『プログラミング教育』について。
2020年度以降に施行される新学習指導要領に合わせて『プログラミング教育』が必修化される。
『今後10~20年の間に、日本の労働人口の約49%が就いている職業で、人工知能やロボットなどに代替される可能性がある』、『現在の中学生が40代となる2045年頃には、人工知能が人間の能力を超えるまでになる』といった予測がある中で、それらを理論的にも、実践的にも使いこなす能力が求められてくるようになる。
柏市では、昭和60年代からプログラミング教育に力を入れている小学校があり、今年度からは他に先んじて、全小学校で導入している。
今回、私達が体験したのは『Scratch(スクラッチ)』というプログラム。画面上にいるキャラクターに、様々な命令を組み合わせて、自分の思う様な動きをさせていくというもの。
今回実際に体験をしてみて、パソコンを前に慣れない作業の連続で四苦八苦したが、専門家の指導を受けながら、楽しく学ぶことができた。
ただし『プログラミング教育』をスムーズに実施していくためには、先生方の研修や学部の専門家の活用法など、真岡市としてもやるべきことが山積していることを痛感した。
また、子ども達が『プログラミング教育』を有意義なものと感じるためには、論理的な思考力が不可欠であり、真岡市でも最近力を入れるようになった読書指導の充実化などについても、一層加速していかねばならないと思った次第。
なお、2日間の研修後『関東若手市議会議員の会』の神山玄太会長(山梨県甲府市議)をはじめ議員有志で、柏の葉アーバンデザインセンターを訪問。
現在、公・民・学の連携で取り組んでいる、つくばエキスプレスの柏の葉キャンパス駅周辺のまちづくりについて視察を行った。

【1月27日】

東京都のJR有楽町駅前で行われた『もおかいちごフェスタin有楽町』に参加。
このイベントは、真岡市がいちごの生産量が日本一であることを、都市部にお住いの方々にPRを図るため、今回初めて開催されたもの。
この日、約1000人分用意されたプレゼント用のいちごパック(2粒入り)には長蛇の列ができた。
そのほかに、とちおとめやスカイベリーの即売会や、ロールケーキなどのいちご関連商品を扱った特設コーナーにも多くの人が詰めかけ、売り切れになる商品も相次いだ(早々にいちごが売り切れになったのは『もったいないな…』と率直に感じましたが)。
議会の有志も、ビラ配りや売り子としてお手伝い。東京の方と直接話をしてみて、真岡市の存在を知っている方が想像以上に多かったのには驚いたが、真岡市のいちごの生産量が日本一であることを知っている人は皆無に等しく、PR不足であることを痛感した次第。

【1月25日】

この日の夜、真岡落語研究会の活動で、お隣の茨城県筑西市へ。
年が明けてからというもの、1月12日に矢板市の『デイサービスセンターやしお』で行われた落語会に出演以降、市内外の様々な団体からお声かけをいただき(1月だけでも、12日、14日、16日、18日、20日、21日、25日、28日に出演)、『えっ、何でこんなに多いの?』と、私達も嬉しさを通り越して、いささか戸惑い気味。。。
この日の活動は、下館商工会議所青年部の例会で『落語を聴く会』が開催され、出演をさせていただく。今回は『仕事』をテーマにした落語会で、私は持ちネタの1つである『代書屋』を披露した。
実は、同青年部で来年度会長予定者となっているのが、真岡高校の落語同好会の後輩である桑原務。そのようなご縁があって、今回お声かけをいただいたような次第。
彼は、一昨年行われた『第14回ビジネスプランコンテスト』(日本商工会議所青年部主催)で、見事グランプリに輝いている。後輩の頑張っている姿は、私にとっても大きな励みである。

【1月15日】

この日の朝、小学生達に交通安全指導を行う『あいさつボランティア』に参加。
毎週月曜日が担当の私にとって、この日が今年最初の活動日だった。
近年『暖冬』であることにすっかり慣れてしまったせいか、この冬の厳しい寒さが本当に身にしみる。
それでも、元気よく『おはようございま~す』と、あいさつをしながら横断歩道を渡る子ども達の姿を見ていると、こちらも『負けていられない!』と元気がもらえる。

【1月14日】

地元・大谷地区の『男性料理の会』の月例会が行われた。これまでなかなか参加出来なかったが、今回ようやく初めて参加することができた。この日は、手打ちそばなどの料理にチャレンジする。

以前、漫画雑誌の『ビックコミック』に連載されていた『そばもん』を愛読し、コツは体得していた(?)ので、そばの方はそれなりの出来栄え(注:あくまでも自己採点です)だったのではないかと思う。漫画で得られたウンチクも大いに役立つことがある。
また、会員の皆さんからは『中村さん、案外包丁使いうまいね』とお褒めの言葉をいただく。
まぁ、わが家で普段から厳しく鍛えられていますので…。

【1月12日】

矢板市内にある『デイサービスセンターやしお』にて、利用者の方々に落語を披露する。
平成元年に真岡高校の落語同好会に入会し、活動をそれ以降続けて、今年でちょうど30年目となる。
この場所が『芸歴30年目』(って言うと、何か格好良く思えます)となる今年の初高座。
今年は、高校時代に最初に覚えたネタ(『堀の内』という粗忽者が主人公の噺でした)なども、もう1度かけてみたいなと思っている。

【1月9日】

『中村かずひこ通信』の編集作業に本格的に取り掛かる。
この通信は、平成15年の初当選以後、定例議会終了後に発行し続け、今回で59号となる。
この1月は、広範に研修などの行事もあるため、空いている時間帯を上手く使いながら、編集作業を進めていきたい。
毎回、限られた紙面の中で『何を掲載すべきか』が悩みの種であるが、時折街の中などで市民の方から『いつも読んでいますよ』とお声かけいただくことを励みとしながら、発行を続けさせていただいている。
『中村かずひこ通信 第59号』は、2月4日(日)発行予定。

【1月7日②】

成人式に出席した後、地元の大谷地区で行われた『冬まつり』の参加。
元々、大谷地区ではこの時期に『どんど焼き』が行われていた。しかし、住宅事情などにより実施が困難となり、その替わりとして始まったのが、この冬まつりである。
すでに10年以上続けられている恒例行事となっており『地域の子ども達に季節感を味わってもらう』ということを目的としている。
ご近所の方々と一緒に餅つきなどをしながら、楽しいひと時を過ごした。

【1月7日①】

市民”いちご”ホール(市民会館)で行われた成人式に出席。
今年、真岡市における新成人者は919名。ちなみに、彼らが生まれたのは平成9年~10年の時期で、サッカー日本代表が、ワールドカップに初出場を決めた(ジョホールバルの歓喜)ほか、長野冬季五輪が開催されるなど、スポーツ界で明るい話題が多かった頃。
その一方で、山一證券や北海道拓殖銀行が相次いで破綻するような出来事もあった。
さて、今回の成人式から『新成人の目線』で、内容が大幅に見直された。
まず、司会や、国歌・真岡市民の歌斉唱の先導を、真岡女子高校の放送部や合唱部の生徒達が行った。
また、新成人全員で、アンジェラ・アキの『手紙~拝啓 十五の君へ~』を斉唱。さらに、中学3年時のクラス担任を代表して3名の先生方から激励のエールが送られたほか、2階席の一部を保護者に開放する取り組みも行われた。
加えて、昨年からスタートした、中学時代の思い出の映像が今回も放映され、新成人に大好評だった。

【1月6日】

午前9時から行われた真岡市消防団の出初式・通常点検に出席。
現在、真岡市の消防団員は496名おり、そのうち450名がこの出初式に出場した。出場率は90.7%。団員の皆さんは極寒の中、この日の備も午前6時台から進めてこられた。
以前に消防団関係者から聞いたことだが、出場率が9割を超えるというのは、他の地域ではなかなか見られない高い数字なのだという。
真岡市の消防団の行事では、ほぼ毎回9割を超える方々が参加しているので、それは当たり前のことと我々は思いがちだが…。真岡市の安心・安全は、こうした団員の方々の熱い気持ちによって支えられている。
何より、全国的に見れば消防団員の確保が課題となっている中にあって、団員数や出場率が昨年を上回っているという状況だけを見ても、市民の1人として感謝の気持ちでいっぱいになる。

【1月4日】

この日の夕方、フォーシーズン静風で行われた真岡商工会議所主催の『賀詞交歓会』に出席。自分にとっては、これが平成30年の仕事始めとなる。

写真は、石坂真一市長や真岡商工会議所の篠原宣之会頭などによる鏡開きの様子。今回の賀詞交歓会には、真岡市内の各界の代表者約280名が出席した。
この日、1年の最初の取引日である『大発会』を迎えた東京株式市場では、大発会当日としては26年ぶり(その頃、私は高校生でした…)に、日経平均が2万3000円台を回復するなど、経済界では明るい話題が多い。ただし、その恩恵を真岡市のような地方都市では、なかなか実感できていないのが実情である。
『アベノミクス』をはじめ、現政権が推し進めているものの方向性が間違っているとは思わない。ただし、超高齢社会や人口減少時代が本格的に到来している中で、地域経済の体質改善をどのように図っていくのかが、各自治体に求められている。

【1月1日】

平成30年の幕開け。
元日から珍しく夫婦そろって早起きをして『この時間だったら、初日の出が見られるのでは?』と、2人で近所の公園まで来てみると…。
遥か彼方の山の稜線がキラキラ光りはじめて、その後、街の中にスーッとあかりが灯されるような感じ。絵にかいたような初日の出を拝むことができた。

今年が素晴らしい1年でありますように。。。