【4月14日】

先月31の日記で『一万本桜まつり』のことを紹介し、ソメイヨシノをはじめ、シダレザクラ、河津桜、八重桜など様々な種類の桜が、合計で『1万318本(5年前の市の調査)』あるというお話をさせていただいた。

写真は、市内の熊倉公園の様子…。現在、八重桜が見ごろを迎えている(ソメイヨシノとは違った趣があります)。

なお、この公園とその周辺では22日(日)に『神宮桜まつり』が行われ、神輿の渡御などが予定されている。

【4月12日】

この日は、日光市議選に立候補し、2期目の挑戦をしている瀬髙哲雄さんの応援にお邪魔をする。

瀬髙さんと私は『関東若手市議会議員の会栃木ブロック』で一緒に活動をしており、彼には同ブロックの代表を務めていただいている。
元アイスホッケーの選手で、栃木日光アイスバックスではキャプテンも務めた。しかし、そうした過去の経歴に甘えることなく、4年間ひたむきに議員活動をしてきた姿が強く印象に残る。
特に毎週木曜日、日光市内の街頭で演説を続けていたのは、真似をしたくても中々できることではない。現在36歳の彼であるが、今後益々活躍が期待できる議員である。

※15日の投開票の結果、瀬髙さんは市議選で2回目の当選を果たすことができました。

【4月10日】

前日の真岡中学校に続いて、この日は真岡西小学校の入学式に出席。
同校には、今年143名の子ども達が入学した。
ちなみに、今回の新入生達が生まれたのは平成23年度。つまり、東日本大震災が発生して間もなくの時期ということになる。

あの時の大変だった状況や、その後の出来事を振り返ると、保護者の皆さんが出産や幼児期の子育てに、どれほど神経を使ってきたのだろうか。
だから『おめでとう!』はもちろんだが、それ以上に『よくぞここまで!』という労いの言葉をかけたくなってしまうのである。

【4月9日】

この日、市内の中学校では入学式が行われ、私は真岡中学校にお邪魔をした。

今年、同校は177名の新入生を迎えた。真新しく、大きめの制服が何とも初々しい。
新入生代表の町田愛芽さんは『中学生としての自覚を持ち、思いやりの心で、何事にもチャレンジしていきたい』と誓いの言葉を述べた。
中学時代は、心身ともに大きく成長する一方で、色々な悩みを抱える時期でもある。
そうした時間を共有する友人というのは、まさに“一生もの”の宝物なのだと思う。
ぜひ、素晴らしい友達をたくさんつくって、かけがえのない中学校生活を送って欲しいと思う。

【4月8日】

45歳の誕生日を迎えた。
実を言うと、平成元年に私の父親が45歳で亡くなっており、その年齢に肩を並べたことには嬉しさの反面、何とも言えない複雑な気持ちになる。
個人的にも守るべきものがある今、健康には十分に留意しながら、それでも『これからの自分に後悔をしない生き方』をしていきたいと思う。
今、自分が『生きている時間』は、生きたくても生きられなかった人達の『生きたかった時間』であることを忘れずに…。

(余談)
この前日、甥っ子や姪っ子達が、私にバースデーケーキをサプライズで用意してくれた。
しかも、このケーキは彼らによる手作りによるもの。
ヤバい…。完全に涙腺崩壊!

【4月6日】

この日から『春の交通安全県民総ぐるみ運動』(運動期間:4月6日~15日)がスタートした。私も高間木の交差点に立ち、交通安全を呼びかける取り組みに参加。
年度初めの慌ただしさのせいだろうか。通り過ぎる車を見ていても、何となく荒っぽい運転が多かったように感じられた。
いよいよ次週からは、新入学児童も登校するようになる。
子ども達を交通事故から守っていくためにも、私達ドライバー1人1人がゆとりを持った運転を心がけていかねばならない。