【1月4日】

真岡青年会議所コミュニティネットワーク委員会では、4月に講演会を企画している。その講師として予定している森田三郎氏との打ち合わせのために、岡本圭二委員長、村田裕副理事長とともに、森田氏の住んでいる千葉県習志野市へ。
森田氏は30年以上も前から、同市内にある谷津干潟の保存運動に打ち込んできたことで知られる。たった1人でスタートさせた戦い。今、美しく再生された谷津干潟を見ていると、昭和50年代はごみの山だったことが、にわかに信じられない。
『もう1度やれって言われたら?それはやると思うよ。だって、ここが俺の故郷だから』わずか1時間半の打ち合わせだったが、森田氏の話に、こちらの目頭も熱くなった。
今から4月の講演会が楽しみ。ぜひ、市民活動に取り組みながらも、様々な悩みを抱えている、そういう人たちに1人でも多く聞いていただきたいと思う。

504_046.jpg

504_042.jpg

504_048.jpg

写真左…森田三郎氏と2ショット。
写真中…現在の谷津干潟。30年前はごみの山だったとは信じられない。
写真右…森田氏所有の個人タクシー。その名も『森田三郎タクシー』。