【6月16日】

6月定例議会が閉会した。
これまで民生産業常任委員会で継続審議となっていた『ごみ処理施設候補地移転陳情書』について、不採択とすることがこの日賛成多数で決まった。
今回の陳情書を見ると、候補地を移転すべきとの主張のほかに、大内地区の今後の開発について具体的な要望も記されており、議会として採択するのは現実的に難しいと私も感じていた。
ただし、民生産業常任委員会委員長が不採択の理由として挙げていた1つ1つの事項は、議会サイドとして今後研究しなければならないことばかりであり、現時点で『安全性が確保されている』ともとれる内容について言い切ってしまって良かったのか、大いに疑問が残る。
不採択には賛意を示した自分であるが、『これで本当に良かったのか…』とスッキリしない思いが残るものとなってしまった。