【6月29日】

自然教育センターで開催されたブラジル人のお祭り『フェスタ・ジュニーナ』(“6月のお祭り”という意味だとか…)に参加。
今年は日本人がブラジルに移住を初めてちょうど100年という節目の年に当たる。今回はそれを記念した数々の企画が用意されていたが、雨のため大半が中止に…。残念ながら例年のような盛り上がりは見られなかったが、その分、これまでは完全に見落としていたミサに立ち会うことができた。とても厳粛な式典で、真岡の夏祭りの『宮出し』『宮入り』を初めて見たときのような感激を覚えた。
祭りには盛り上がる部分と厳粛な部分が共存している。これは万国共通のことなのかも知れない。