【9月14日】

DSC_0013文教常任委員会のメンバーで、久下田小学校や第1給食センターなどを視察。

久下田小学校は、平成19年10月に新校舎の建設工事を開始し、翌20年9月から子ども達が使用している。(総事業費は17億1,262万円)木の温もりが感じられる教室は、壁が可動式になっており、多目的に使える工夫がされている。また、各階に『習熟度別学習スペース』が設けられており、子ども達の学習支援に効果を上げている。

東郷にある第1給食センターは、昭和54年から運営されている。私も小中学校時代の9年間お世話になり、その後も幾度となく前を通過していた給食センターだが、施設内に入るのは今回が初めて。外見のイメージよりはるかに内部の清潔さが保たれていることに、まず驚かされる。(そうでなくてはならないのだが…)このセンターでは、6,840名分の給食が39名の調理員によって作られている。ちなみに、給食センターは来年度から民間委託が行われる予定となっている。業者選定の内容や衛生管理が確保できるのかについて、議会としても厳しくチェックする必要がある。

509 058昼食はセンターで学校給食をいただくことに…。(自分にとっては21年ぶりの給食でした)。

懐かしさに思わず『あのう…今日は“ミルメーク”は、ないんですか?』『ええ、先週の金曜日の献立で出しました』残念っ!!!