【6月18日①】

DSC_0044-1この日は文教常任委員会が行われた。

今回は付託案件が少なく短時間で終了したので、その後、委員会メンバーと中村東小学校と真岡西小学校を視察した。

テーマは、小規模校と大規模校の現状と課題について。真岡市では今年2月に『小中学校適正規模検討懇談会』が大内・山前・中村の3地域で開催され、学区再編などについて検討段階に入り始めている。

中村東小学校は、全校児童68名。市街化調整区域にある学校であるため、今後も児童数が増える見込みがない。自前の部活動が吹奏楽部のみで、サッカー、野球、バレーボールについては他校と合同チームを組まなくてはいけない状況にある。また、少人数で6年間生活するため、その後の中学校生活に慣れるのに苦労する(いわゆる“中1ギャップ”)ことも課題として説明を受けた。ただし、先生の目が1人1人に行き届くので、子ども達が授業でつまずく子どもが少ないのは大きなメリットと思える。

DSC_0054-1一方、県内一のマンモス校である真岡西小学校は、全校児童が1252人(私の在学中は約1700人おりました)。地域住民をボランティアとして上手に活用しているのが大きな特徴だが、やはり課題は授業についていけなくなった子ども達への対応だろう。また、教職員が78名もいるため10名程度が職員室に入りきれなくなっており、相互のコミュニケーションを図るのにも課題が残る。

同じ日に児童数が両極にある学校を見たことで、双方が持つメリット・デメリットの比較が容易になったのだろう。委員会の各メンバーからは様々な意見が出された(委員長としては、ひとまず狙い通りとなりました)。

この問題は、一朝一夕で解決するような単純なものではない。今後も委員会メンバーで議論を深める環境を設えていきたいと思っている。