【11月20日】

512 045 (2)明治大学雄辯部の創立120周年記念式典・パーティーが、明治大学駿河台キャンパスで行われた。明治大学雄辯部は1890(明治23)年に創立し、三木武夫元首相をはじめ政財界・マスコミに多数の人材を輩出している。会場には村山富市元首相の姿も(厳密には部のOBではないが、現在『顧問』をお願いしている)。
私が部に在籍していたのは平成4~7年のこと。もう15年以上前になる。部のモットーが『イデオロギーの共存』であったためか、先輩・後輩・同級生とも本当に色々な考えの持ち主に出会えた4年間だった。『政治改革はどうあるべきか』『PKO派遣は是か非か』地方分権は…、教育改革は…、メディアのあるべき姿とは…。当時青臭い議論を毎日のようにしていたのが、何とも懐かしい。
ちなみに、雄辯部OBで現在国会議員をしているのは、私の1学年上の森山浩行さん(民主党・衆議員議員)だけである。
OBの大先輩方は『もっと雄辯部出身者を国政に!』とハッパをかけていたが、そんなことはどうでもいいんじゃないかな…(雄辯部出身者は伝統的にヘソ曲がりが多い)と思う。どこで働いていようが、それぞれの分野で懸命に生きて“雄辯魂”を発揮せよと言った方が、よほど健全な姿だと思う。そもそも、『上へ、上へ』と上昇指向の塊のような連中が、この国の中心にのさばっているから、今の世の中おかしくなっているような気もする(森山さんは、そうでないことを祈る)。
そんな偉そうなことを言いながら、村山元首相と写真におさまる自分もどうかと思うが…。