【1月25日】

この日は午後から『生涯学習推進市民会議』が行われた。
この市民会議は昨年度、二宮町との合併を機に『生涯学習推進計画』を見直すにあたって、真岡市では久しぶりに開かれることになったもので、ちょうど文教常任委員会の委員長を仰せつかっていた関係で、私が議会からの代表として参加している。
この日の会議で議題の中心になったのは、昨年度途中からスタートした『出前講座』の実施状況と今後の計画について。
『出前講座』は、全国各地の自治体で取り組まれているが、真岡市では市職員が行政に関する説明をする“行政編”だけでなく、様々な趣味や技能を持つ市民が講師役を務める“趣味・教養編”も設けているのが特徴。行政編も趣味・教養編も想像以上に市民の利用が多く、以前から議会で提案し続けた自分としては本当にうれしい限り。
ただし、来年度から行政編に新たなメニューを盛り込むとのことだったが、行政側から今回示されたパンフレットの案が分かりにくく、その点が気がかりだった。
『どうすれば市民に分かりやすく伝えることができるか』という利用者目線の議論が、行政内部でどこまで行われたのか甚だ疑問。その部分は『出前講座』がスタートする時点でも、市民会議で喧々諤々の議論をしたのだが…。