【2月8日】

議員協議会が行われ、平成23年度の予算案が内示された。
真岡市の来年度の予算規模は一般会計で292億3,000万円(今年度比7億9,000万円増)。特別会計と水道事業会計を含めた予算全体で488億9,169万3千円(今年度比11億5,525万6千円増)となった。
歳入では、個人市民税では5億円の減収だが、法人市民税や固定資産税で増収を見込んでいるとのこと。
主だった事業としては、長年の課題だった『総合運動公園』について、陸上競技場を来年度から3年間で整備していくことが盛り込まれた。また、交通弱者に対する取り組みとして自宅から目的地まで輸送する『デマンドタクシー』の実証運行も始まる。
個人的には『あの事業はどうなったのだろう?』という疑問を抱く部分もあるので、そうした点は2月下旬から始まる定例議会でただしていきたいと思っている。

中村かずひこ通信64号