【3月12日】

情報がないというのは恐ろしい。周囲の状況がつかめないと、自分の置かれている立場が分からない。
事実、昨晩は真っ暗やみの部屋の中で、自分達は世の中で一番不幸な状況になっていると錯覚を起こしていた。
電気が復旧し、TVが見られる状態になって初めて、東北地方が大変なことになっているのを映像を通じて知ることになった。
繰り返される津波の映像。これまでの自分の人生の中で、一番悲惨な光景に映った阪神大震災をはるかにしのぐ。『仙台市若林区では200体(この数え方は止めてくれと思う)の遺体が海岸に…』『岩手県陸前高田市は、市全体が壊滅状態となり…』
一瞬『俺の聞き違えか?』と思えるような話がTVで伝えられるたびに言葉を失う。