【6月19日】

真岡市消防団の夏季点検と操法大会が、総合体育館東側の市民公園グラウンドで行われた。
操法大会には7つの分団から計24部が出場し、これまで練習してきた成果を披露した。聞けば2ヶ月以上もの間、早朝の5時から練習を続けてきた部もあったようである。そうした日頃の努力が、大会の成績だけでなく市民の安心・安全にも寄与しているのだと思うと本当に頭が下がる。
なお、操法大会の優勝は大内地区の第3分団第1部(大会5連覇!)だった。