【11月13日】

二宮尊徳翁が活動拠点としていた桜町陣屋跡周辺で行われた『報徳田での米づくり体験事業』の収穫祭に出席した。
この米づくり体験事業は、桜町陣屋跡の保存と活用を図ることを目的に開催されているもので、今年で5回目となる。
真岡市内はもとより栃木県内外からも集まった参加者たちが、5月の田植えから除草、かかし作り、稲刈りなどの作業を体験してきた。
この日の収穫祭は、一連の体験事業の締めくくりとして開かれたもので、皆勤賞の表彰や、さつまいも掘りなどを行った後、お昼には収穫したお米やサツマイモに舌鼓を打った。