【11月22日】

(数日間、真岡と東京を行ったり来たりなので話の方も前後します。ご了承ください)
12月定例議会の開会を1週間後に控え、この日は会派代表者会議や議会運営委員会などが行われた。
これらの会議は、定例議会の『開催期間を何日間とするか』『どのような議案を話し合うか』『話し合う担当委員会をどこにするか』などについて、あらかじめ決めておく(正式には議会初日の本会議で決定します)のが主な目的。
会議の席上、議会のインターネット中継についてご提案させていただいた。真岡市議会の場合、ケーブルテレビ(いちごてれび)での中継は行われているが、加入者以外の市民にとって議会は『遠い存在』となってしまっている。インターネット中継は、これまでも課題としてあがってはいたものの、費用面で折り合いがつかず、棚上げになっていた。
今回、比較的安価な方法が見つかったので企画書としてまとめ、各議員からの意見を求めたところ、『ひとまず、各機関との交渉を進めては…』というお墨付きをいただくことに。
より開かれた議会を目指して、一歩前進したと言える。
その後、全議員が集まっての『議員協議会』が開かれた。
真岡市議会では議会開会日の朝に行っていたが、開会直前の慌ただしい時間帯だったため『質疑応答の時間をもう少し取れないか』という意見が多く寄せられていた。また『情報共有の場は、もっと早く設けてほしい』という要望もあったことから、今回から開会1週間前に行うこととした。
『議会改革』と言うには余りにも小さい取り組みだが、議員が議論しやすい環境になっていく一助となればと思っている。
この議員協議会の後、再び東京へ向かい『清渓セミナー』に合流する。