【2月27日・28日】

2日間にわたって質疑・一般質問が行われ、私は27日の午後と28日の午前に議長役を務めた。基本的に真岡市議会での正副議長の任期は1年間。つまり、副議長として議長役を務めるのは今回が最後となる。振り返ってみると、議員の不穏当発言をはじめ様々なハプニングもあり、その都度どう対処すればよいのか悩みもしたが、最後となると感慨深くもなる。

今回、質問に立ったのは10名の議員だった。取り上げられたテーマとして多かったのは、放射線対策を含めた震災復興関係のもので、5名の議員が質問をした。また、真岡市が平成24年度から実施する『SLの走るまち拠点施設整備事業』についても3名の議員が、事業内容や期待される効果などについて問いただした。

以前と比べて、再質問を繰り返して市長などに喰い下がる議員の姿が増えてきたように感じた。議会が執行部の監視役であることを考えれば好ましい傾向だと思う。

その一方で少し気になったのは、本来は議員間で話し合うべき『議会制度改革』について、市長に考えを問う光景が見られたこと。市民へのパフォーマンスも考えての行為かもしれないが、まずは議員協議会などでしっかりとご発言いただきたいのだが…。

また、初日の27日には『議場コンサート』が行われ、舞が丘合唱団の皆さんに素晴らしい歌声を披露していただいた。これは市民の方々にもっと気軽に議場に足を運んでいただくきっかけづくりとして行ったのだが、傍聴者の数が通常よりもはるかに多かったので本当に嬉しい限り。

なお『議場コンサート』は、今後も質疑・一般質問初日の開会前に継続して行っていく予定。