【4月21日・PM】

午後からは、真岡青年会議所の事業に参加した。

今回行われたのは『いちごグルメ甲子園』。真岡市特産のいちごを使った料理、スイーツなどを学生さん達の柔軟なアイデアで創作してもらおうと、真岡市周辺の高校や大学などに呼びかけたもの。当初の見込みを上回る12組の参加があった。

素材がいちごなので、圧倒的にスイーツが多かったが、中にはいちごソースをつかったハンバーグなどもあった。

参加者がそれぞれにプレゼンテーションをした後、試食と審査に入る(会場にいた我々も審査員でした)。厳正な審査の結果、真岡北陵高校の生徒さん達が作った『いちごめし』がグランプリに輝いた。塩味のきいた炊き込みご飯で、ほんのりといちごの香りもする。何年か経った後、家庭や学校給食などで出されるかも知れない…。そんなイメージも浮かんでくる。

なお、この『いちごめし』は11月に行われる真岡市大産業祭でも紹介される予定。