【6月21日】

この日の夜、宇都宮市内で行われた若手経営者・起業家の勉強会『サクシードカフェ』に参加した。

この勉強会は、真岡市在住の経営コンサルタント・水沼啓幸さんが主宰しているもの。2か月に1回のペースで宇都宮市内の『サンセットロースターコーヒー』というお店で開催されている。

『“いい会社”とは何か?』をテーマに、全国各地の企業をモデルとしながら実例研究をするのだが、『会社』の部分を『議員』に置き換えると、私にとっても自分の仕事を見つめ直すいい機会になっている。若手の経営者や起業家と情報交換できることも魅力の1つ。

参加してみて毎回感じるのは、“真岡率”が高いということ。30名近い参加者のうち1/3程度が真岡市民である。

議会で起業家の支援策について一般質問をすると、毎回『真岡市内に起業家ってそんなにいるのか?』と尋ねられるが、ここへ来るとその答えが見えてくるはず(一度、市長などにも見ていただきたいと思うのだが…)。