【11月2日】

芳賀郡市町議会議員自治研修会が、茂木町にて行われた(とにかく研修続きです)。

今回の講師は白鴎大学の福岡政行教授で、演題は『日本の課題~政治・外交・そして教育~』(テーマが広っ!)。

話題は、民主党の閣僚の現状や尖閣問題から、現在の大学生と接する中で感じている教育の問題にまで及んだ。

福岡教授の話は、これまでも『清渓セミナー』などで度々聞いてきたが、今回は少し気になったことがある。それは、講演の度に出てくる『今後の政局』について、今回はあまり話題として出てこなかったこと。福岡教授らしくない講演だった。

『民主・自民はもとより、今話題の“第三極”もほとんど期待できない』という内容に終始していた(したがって、私の取材ノートもほぼ真っ白)。今の政界の混迷ぶりを象徴するような研修会となった。