【1月7日】

商工会議所主催の『賀詞交歓会』に出席した。この会には市内の経済界の代表の方などが毎年300名近く顔をそろえる。

今年は来賓のあいさつにしても、出席者と交わした言葉にしても、一様に表情が明るく前向きさが感じられたのがとても特徴的だったと思う。

昨年末に政権が交代し、安倍首相が明確な経済政策を打ち出したことが大きいのではないだろうか。まだ実体としては伴っていないにも関わらず、株価などが上昇していることもそうした期待感の表れと言えるだろう。

政策の中身に対する評価はもう少し時間を置く必要があるだろうが、少なくともリーダーが明確な目標・方針を示すということがいかに重要であるか改めて実感した。