【4月23日】

2013050514520000午後3時ごろ、仕事と仕事の合間にエアポケットのような時間帯ができて『さて、どこで時間をつぶそうかな…』と考えた末、門前地区のカフェへ。

かつては飲食店や映画館が立ち並び、市内で最もにぎやかだった門前地区だが、今は空き店舗や仕舞屋が目立ち、かつての面影が見当たらなくなっていた。

そんな中、数年前から空き店舗対策に力を入れはじめ、少しずつではあるが若い人たちが飲食店や雑貨・小物の店などをオープンするようになった。

で、カフェであるが…。おしゃれな店内、背後では女性客達による優雅な会話。自分でもこの雰囲気に馴染んでいないのが分かる。

中村和彦、ただ今40歳。

こういう店がさりげなく似合うような、苦みばしった40代になりたいと心底思う(この店ご自慢の『水出しコーヒー』は大変美味しくいただきました)。