【5月13日】

毎週月曜日の朝に参加している『あいさつボランティア』(子ども達の登校時に行っている交通指導)終了後、矢板市へ直行。

栃木県内の若手議員有志で構成する『野嵐会』の研修会が同市にて行われた。
003今回のテーマは『自然を守る 地域から攻める』。自然環境や景観を守りながら、いかにして地域の活性化に結び付けていくのか、矢板市の取り組みをモデルケースとしながら会員間で議論した。
004午前中は、放射性廃棄物最終処分場の前候補地を視察。きちんと手入れされた森の中を歩き、眼下の美しい水田を眺めていると、地元の人たちが長年どれほど愛情を注いできたか、うかがい知ることができる(これ自体が矢板市の地域ブランドだと強く感じました)。

010その後、矢板市農業公社の渡邉栄之理事長などから、矢板市における農村振興策について説明を受け、会員間の議論へと移った。

県内の中山間地域をいかに活性化していくか。『中山間地域』と言うと、県南の真岡市にとっては“他人事”に捉えられかねないが、水源の維持などの問題まで幅広く考えれば、れっきとした“自分事”なのである。何より、自然環境や景観の維持・保全、そして農業を通じての地域活性化、その先にある食糧問題などは、誰もが真剣に向き合わなければならない課題である。

011メンバーは自分の住む地域の実例を交えて、今後の農村振興策はどうあるべきか熱く(写真は、特に熱い那須町議の齋藤剛郎くん)議論した。