【9月29日】

地元・大谷地区の敬老会に出席。

この敬老会は70歳以上の高齢者が対象であるが、大谷地区では今年152名がお祝いをされた。以前は、隣の自治会と合同で敬老会が開催していたが、参加者が増えてきたこともあり、現在はそれぞれの地域で行われるようになった。

それだけ、高齢者の数が年々増加している証しでもある。我が家の周辺を見ても、子どもの時から可愛がってくれた近所のおじさん、おばさんは皆高齢となり、今まで積極的にスポーツやボランティア活動に参加していたものの、最近は健康に関する悩みについて相談を受ける機会が増えている。

真岡市全体を考えても、高齢化率(人口に占める65歳以上の方の割合)が、推計ではあるが今年21%台になり“超高齢自治体”の仲間入りをしている。

今までお世話になった方々が安心して暮らせるよう、制度設計を急がねばならない。