【9月25日】

9月定例議会閉会。

この日は、議会閉会後に議員協議会、会派の建議要望提出、そして監査委員の仕事である出納検査・定期監査などもあり、何かと慌ただしい1日だった。

nakamura平成26年度の予算編成に向けて、所属会派『真政クラブ・公明』から井田市長に提出した建議要望の内容は計45件。

自分が議員になりたての頃は、建議要望の数も80~90件程度あった。しかし、ここ数年はできるだけ1つ1つの要望を強く押し出そうと、内容の絞り込みを行っている。『あれもこれも…』ではなく『あれかこれか…』という優先順位について考える姿勢が、議会側にも求められている時代である。

なお、今回私の方から出した要望では『協働のまちづくりに向けた専門部署の設置』、『栃木SCのマザータウン誘致』、『レスパイト実施に向けた体制強化』、『不法投棄の対策強化』の4件が新たに盛り込まれた。