【1月12日①】

二宮文化会館で行われた成人式に出席。

今年、真岡市で成人式を迎えたのは882人。平成5年4月から平成6年3月に生まれた若者達である。当時の社会の出来事は『皇太子殿下御成婚』『細川内閣成立(最近、にわかに注目を集めていますが…)』など。また、全国高校総体が栃木県内で開催されたのも、この年だった。

現在、私は40歳なので、ちょうど我々の世代が成人式を迎えた頃に生まれた人達が、今年の新成人ということになる。

ここ数年、成人式に出席する際にふと思うのは、東日本大震災で津波の被害などに遭った東北地方の自治体のことである。多分、今も被災前と同様の成人式を開催することは難しいであろうし、災害の犠牲者となり成人式を迎えることさえできなかった同世代の人(震災発生当時、彼らは高校2年生でした)も少なくないはずだ。

20歳になって成人式を迎えるということも、至極当たり前のように見えて、実は決して当たり前のことではないのだと思うのである。

ぜひ、今まで育ててくれた保護者や近所のおじさんやおばさん、先生方や友人達、職場の同僚など、身の回りの全ての方々に感謝して(20歳の頃に、そういう気持ちを持つのはなかなか難しいのですが…)、これからも命を大切に夢に向かって頑張って欲しいと、例年よりも少し騒がしかった会場を見ながら、オッサンの1人としてはそう願うばかり。