【1月12日②】

成人式終了後、地元・大谷地区の冬まつりに参加した。

もともと、大谷地区ではこの時期に『どんど焼き』が行われていたが、住宅事情などにより平成15年を最後に中止となっていた。その数年後に『地域の子ども達が季節感を味わえる行事を』ということで、現在の冬まつりが開催されるようになった。

メインの餅つきのほか、竹トンボやケン玉など昔の遊びの体験コーナー、さらにピザやチョコバナナなどの模擬店も設けられ、会場となった大谷公民館前駐車場は、昼過ぎまで子ども達の元気な声で包まれていた。

006 004 007