【3月2日】

2014032308420000真岡市公民館西分館で行われた『真岡自然観察会』の役員会に参加。

今回話し合われたのは、今年度の反省点や新年度における事業計画などについて。この会は平成14年に発足し、以来毎月1回のペースで観察会を続けている。

しかし、中心的なメンバーの高齢化が進んでいるのと同時に、参加者数についても減少傾向が続いている。

新たなPRの方法や、他団体と連携した事業の開催、さらに初心者がより参加しやすい企画内容(特に小さなお子様がいるご家族などにとっては、地元の自然に触れる良い機会だと、私自身は思うのですが…)などについて参加者の間で提案し合った。

また、真岡市内の野鳥や昆虫などの現状についても情報交換が行われた。

それによれば…。真岡市内の田島大橋周辺は、白鳥の飛来数が栃木県の中でも指折りの場所なのだという(お恥ずかしながら、私も初めて知りました)。

そうした『隠れた地域資源』を知る上でも、とても意義のある活動をしている団体なので、PR活動などを工夫しながら、何とか活動を活発にさせていきたい。