【3月19日】

真岡西小学校の卒業式に出席。栃木県内でも屈指のマンモス校である同校では、今年208名が卒業を迎えた。

ちなみに、今年小学校を卒業する子ども達が生まれたのは2001~2002年。ちょうど21世紀が幕を開けた時期である。『あの頃生まれた子どもが、もう小学校卒業が…』そう考えると、月日の流れの早さをしみじみと感じてしまう。

小髙邦夫校長は式辞の中で、『校舎や体育館の改修工事があり、何かと学校生活にも不都合があっただろうが、皆さんは笑顔を絶やさず、最上級生として学校を引っ張ってくれた』と卒業生達をねぎらった後、サン・テグジュペリの『星の王子さま』に出てくる『本当に大切なものは、目には見えないんだよ』という一節を引用して、考える力の大切さを説いていた。

2014032308520000写真は、卒業生による合唱のシーン。EXILEの『道』。先日行われた真岡中学校の卒業式でも披露されていたが、最近の卒業式で歌われる曲って本当にオシャレなものが多い。

中村かずひこ通信64号