【7月23日】

116この日の午前10時、真岡市役所に婚姻届を妻・光江とともに提出。いよいよ結婚生活がスタートする。

引っ越しの準備など、何かとバタバタと慌ただしい中で迎えた入籍当日。朝、彼女を実家まで迎えに行き、車の中でもお互いに『何だか結婚した実感がわかないよねぇ…』という話になる。

20140723_091333自宅に戻ってみると、玄関先に人だかりができている。近所の方々が花束などを抱えて集まっている。聞けば、2週間ほど前から私達のために“サプライズ”を用意してくれていたらしい。皆さん、私が幼いころから愛情いっぱいに可愛がってくれた人達ばかりだ。

改めて思う。私はたくさんの方々に支えられて今日まで生きてきたのだと。今まで受けた愛情の恩返しがどこまでできるか分からないが、みんなが笑顔で暮らせる社会をつくるため、これから今まで以上に頑張っていきたい。

 

ご報告

私、中村和彦は、7月23日に入籍をいたしました。

41歳…。時間はかかりましたが、ようやく『生涯の伴侶』を迎えることができました。

パートナーである光江とは、今年2月に共通の友人を通じて知り合いました。

とても前向きな考え方をする女性で、自分に最も欠けていたものを持っているところに惹かれました。

彼女が結婚を決意するにあたって、色々と悩んだはずですが『自分の好きになった人が、たまたま議員さんだっただけだから』と、私のところへ嫁いでくれたことは、本当にありがたく思っています。

まだまだ未熟者の2人ですが、お互いの良さを引き出し合い、足りないものを補い合いながら、これから二人三脚で歩いて行きます。

これまでお世話になったすべての方々に心から感謝を申し上げますとともに、今後とも変わらぬご指導、ご鞭撻の程、宜しくお願いいたします。