【9月28日】

014この日は、午前中に地元・大谷地区で敬老会が行われた。

今年、この地区で敬老会に招待された高齢者(70歳以上)は170名にのぼる。

私が市議になった平成15年頃を思い起こすと、敬老会は隣の地区と合同で開催されていた。しかし、現在は高齢者が年々増加していることもあり、それぞれの地区で行われるようになった。

それにしても…。参加者の皆さんの様子を見ると、“老”という字を用いるのが適切なのか疑問に思うほど、その元気さに圧倒される。

スポーツ大会や趣味・教養の講座などへの参加はもちろんのこと、地域の中でのボランティア活動にも積極的に関わっておられ、同じ地域に住む“若輩者”としては頭が下がるばかり。

016大谷地区の敬老会の後、市民会館小ホールで行われた『そよ風によせてコンサート』にお邪魔をする。

このコンサートは、真岡市内で音楽活動を展開している大幡真琴さんが6年前からスタートさせたもので、今回で4回目となる(2年に1度のペースで開催しています)。

大幡さんは、10代の時に若年性白内障を患い、その後視力を失った。それでも、幼いころから大好きだった音楽をあきらめることなく、マッサージ師の仕事の傍ら、楽器の演奏や作詞作曲などを続けてきた。

大幡さんとは、1週間前に行われた視覚障がい者のバス研修でご一緒させていただいたばかり。普段は穏やかで周囲を和ませている大幡さんのどこからこのような情熱が湧き上がってくるのか、ステージ上で演奏する様子を見ていると、そのギャップには本当に驚かされる。