【10月12日】

この日は、午前中に地元・大谷地区で防災訓練が行われた。

この訓練は、平成23年3月に発生した東日本大震災での教訓を活かそうと、2年前から自治会の主催で始まったもの。強制的なものではなく、住民はあくまでも自主的に参加をしているのだが、それでも参加者数は200名を超えた。

訓練では、各班で指示された1次避難所に集まり、その後、対策本部となっている大谷公民館に移動。テント張りなども体験した。

010 017 025-1 019-2

 

 

 

 

午後からは、岡部記念館金鈴荘の庭園で開催された『真岡木綿ファッションショー』に出席。

このイベントは、真岡市の市制施行60周年記念事業の一環として企画されたもの。平成16年から行われてきた『ミスコットンコンテスト』の歴代優勝者などが、真岡木綿の着物を披露した。

案内状が来た時点では、『会場に出向いて、ファッションショーを見ればいいのか…』と気軽に考えていた。しかし、市の担当課からある日『真岡木綿の着物をお持ちの議員さんにもランウェイを歩いていただくとことになりました』という連絡を突然受け、大いにうろたえた(落語をやっていることもあり、1着所持しております)。

齋藤議長、田上議員などとともにランウェイを歩いたのだが…、久しぶりに『顔から火が出る程恥ずかしい』という思いを経験した。

032 033-1