【8月28日】

朗読ボランティア『ひばりの会』の活動で、この日は益子町七井にある松ヶ丘葵荘を訪問した。

ここは、視覚に障害のある高齢者が入居している施設で、『ひばりの会』では年に3~4回訪問している。

実を言うと、この施設は真岡高校の落語同好会でも毎年5月にお邪魔し、新入生が覚えたてのネタを披露するというのが恒例行事だった(私も26年前にここで記念すべき初高座を経験しました)。

この日は持ちネタの『野ざらし』を披露。

朗読ボランティアとして来ているのだから、本来であれば朗読を披露したり、入居者の方々と一緒に歌を歌ったりするのだが、“お笑い担当”の私は毎度バカバカしいお噺をさせていただいている。