【9月2日】

9月定例議会が開会。

この時期の定例議会では前年度の決算審査が行われるのが通例となっている。

昨年度、真岡市は市制施行60周年を迎えたこともあり、数多くの事業が展開された。それらの事業の効果などについて、厳しい目でチェックをしていきたいと思う。

なお、この日は本会議終了後に『議会活性化等検討委員会』の初会合が開かれた。私も4・5期議員の代表として委員に選ばれた。

メンバーは以下の通り(敬称略 ◎○は正副委員長)。

◎野沢 達
○春山則子
 海老原宏至
 星野 守
 大瀧和弘
 柴  惠
 櫛毛隆行
 栁田尚宏
 中村かずひこ

真岡市議会では『議会基本条例』が未制定(このことが地方創生についての議論でも相当なマイナス要因になるのではと懸念しています)であり、そのほかにも一般質問の方法や議員間の政策論議、さらには市民とのコミュニケーションツールの確立など、改革をしていかなければならないことは山積している。

他のメンバーとしっかりと議論を交わしながら、時代にマッチした議会制度を確立していかなければならない。