【9月9日①】

中村議員㈭質疑・一般質問の2日目。

この日、私は4人目(最終質問者)として登壇させていただき、

1.『まち・ひと・しごと創生総合戦略』について

(1)地域経済分析システム(RESAS)について

2.中心市街地及び市街化調整区域における取り組みについて

(1)空き店舗対策について

(2)芳賀赤十字病院の将来的な跡地利用問題について

(3)市街化調整区域における取り組みについて

3.協働のまちづくりについて

(1)行政の組織機構について

(2)市長が行う情報発信について

4.教育関係の諸課題について

(1)国語教育の充実化について

(2)教員の多忙感解消について

(3)平和教育の推進について

という課題について、一般質問を行った。

『国語教育の充実化』に向けては、市内小中学校への図書館司書の拡充を図っていくとのこと。さらに『教員の多忙感解消』については、市独自に教職員の業務負担について確認を行い、業務遂行の効率化が図られるよう努めていくとのことで、教育関係については前向きな答弁だったと感じている。

ただし、『まち・ひと・しごと創生総合戦略』では、地域経済分析システム(RESAS)の活用について遅れている印象が否めなかったし、『協働のまちづくり』においても消極的な答弁が目立った。

また『芳賀赤十字病院の将来的な跡地利用』についても、現時点では行政、日赤関係者、地元住民などによる協議機関を設ける考えはない(絶対に必要だと思います)とのこと。

他の議員への答弁を聞き、あらかじめ予想はしていたが、教育分野を除く各分野で再質問を繰り返し、30分の持ち時間をフル活用してしまった。

自分の意見を一方的に押し付けるつもりはないが、やはり執行部の消極的な姿勢は気がかりな部分である。