【10月23日】

1445754203228『関東若手市議会議員の会』の役員会が、東京都豊島区で行われた。

この会は、毎年9月から新年度が始まる。各市において9月の定例議会が終わり、いよいよこの日から、土井裕之新会長(さいたま市議)の下での体制がスタートすることとなる。

この会議では、今後計画されている研修会のあり方などについて話し合われた。

また、役員会を前に行われた研修では、千葉県成田市の雨宮真吾議員が、初当選以来発行し続けている自身の広報紙を教材としながら『議員の広報活動のあり方』についてお話しいただいた。

私もこれまで議会報告を発行し続けてきたが、雨宮議員の『自分が何をしたかよりも、市民にとって有益な情報は何かが最優先』というスタンスで、情報を徹底的に絞り込みながら広報紙を発行している考え方は、とても参考になった次第(分かっていることではありますが、情報の絞り込みを思い切ってやるというのは中々難しい…)。