【1月10日】

2016011300350000この日、市民会館で成人式が行われた。今年、真岡市において新成人者は881名。

彼らが生まれたのは平成7年~8年の頃(若いっ!)。東京と大阪で“無党派知事”が誕生し、野茂英雄がメジャーリーグで新人王を獲得した年である。

私の中で強く印象に残っているのは、東日本大震災が発生した時に彼らが中学3年生だったということ(3月11日は、県立高校の合格発表日だったと記憶しています)。

そう思うと、とても感慨深いものがある。

新成人者感想文の入賞者の1人で、今回代表として式の中で発表をした小倉広人さんは、東日本大震災で救助活動をしていた東京消防庁のハイパーレスキュー隊の姿を見て、『自分もレスキュー隊になり、人の役に立ちたい』と、自身の進路を選択した(彼は初志貫徹し、消防職員になりました)という。

『自らの手で1人でも多くの命を救っていきたい』と、ハキハキと語っていた姿がとても印象的だった。

20160110_115556成人式に出席した後、地元の大谷地区で行われた『冬まつり』に参加。

元々、大谷地区ではこの時期に『どんど焼き』が行われていたが、住宅事情などによりできなくなり、その替わりとして約10年前から行われているのがこの祭りである。

私も成人式終了後に駆けつけたため、残念ながら祭りの方は大半が終わっていたが、餅つきをさせていただき、楽しいひと時を過ごした。