【1月18日~19日】

『関東若手市議会議員の会』の役員会と研修会が、佐野市と足利市を会場に行われた。

今回のスケジュールは以下の通り。

【1月18日】

10:30~12:00   研修①『地域生活支援拠点等の整備について』

講師:佐野市障がい福祉課 課長 青村裕子氏

係長 木村篤史氏

 

14:00~15:00   研修②『新庁舎建設・防災拠点としての庁舎機能について』

講師:佐野市新庁舎建設課 係長 石川剛也 氏

 

15:15~16:00   役員会

 

【1月19日】

9:30~10:40    研修③『クラウドソーシング実証事業の取り組み』

講師:NPO法人コムラボ 山田雅俊 氏

 

11:10~12:00   研修④『映像のまち構想』

講師:足利市映像のまち推進課長 課長 吉田愼次 氏

12562377_891941437592156_433175219_o18日の降雪により交通機関にも大きな影響が出たにも関わらず、2日間で関東一円を中心に計29名の議員に参加していただくことができた。準備・設営を担当した栃木ブロックの1人として、感謝の気持ちでいっぱいである。

佐野市での研修では、平成29年度までに全国各地で整備されることになる、障がい者を対象とした『地域生活支援拠点』の課題について学ぶことができた(佐野市はモデル地域となっています)ことは、大変ありがたく思っている。

12557741_988949177853582_1360090846_oまた、足利市の研修では『クラウドソーシング実証事業』の話が特に印象に残った。

クラウドソーシングとは、インターネットを活用して行う在宅ワークのことで、全国の企業から仕事を受注し、自分のライフスタイルに合わせて、好きな場所、好きな時間に仕事ができることが特徴である。これまで自分が取り組んできた『起業家支援』とは異なる分野かも知れないが、子育て中の母親などが自分の空いている時間を活用して行う『仕事おこし』の1つとして、真岡市でも今後参考とすべき事業であると感じた。

(余談)

014佐野市役所の掲示板を見ると、私達の研修が行われることが紹介されていた。

ちょっと嬉しくなってカメラにおさめたら、その下に『さのまるくんお仕事タイム』と書かれてあったのが妙に気になった。

その時間帯、新庁舎の見学をしていると『あっ、さのまるくんだ!』

013-1彼は“職務”として毎週月曜日と金曜日にこうして庁舎内を巡回し、来庁者に愛嬌を振りまいているのだという…。

中村かずひこ通信64号