【2月2日】

007朗読ボランティア『ひばりの会』の活動で、大内西小学校を訪問。子ども達に読み聞かせをした。私が担当したのは6年生のクラス。

毎度毎度、頭を悩ませるのが、どういった本を読むのかということ。

今回私が選んだのは、市立図書館で借りた『ともだちから ともだちへ』という絵本。

間もなく中学生になる子ども達に絵本を読むのは少し躊躇したが、これから新しい友達との出会いがある一方で、思春期ゆえに人間関係に悩む場面も少なからずあると思う。

そんな時に、この物語のことを思い出してくれれば…そんな願いを込めて、本を読ませていただいた。

12月議会バナー