【4月15日】

今年度から地元の大谷地区では、高齢者を対象にした『健康福祉サロン』という事業をスタートさせた。

この日は、その第1回目ということで、私も様子を見学させていただいた。

見学の目的は、この地区に住む議員として『状況の調査』ということもあったのだが、実はもう1つ気になった点が…。

この日の『健康福祉サロン』で最初に行われたのがヨガ教室で、妻・光江がその指導役を仰せつかった(彼女の本職がヨガのインストラクターでありまして…)のである。

ご近所の方々を相手に『本当にちゃんとできるのか』と、夫としては気がかりだったのだが、いらぬお節介だったようで、約20名の参加者を前にスムーズに指導をしていた。

やはり『餅は餅屋』ということか。